千代田区の自然

東京の中心地として知られる千代田区。高層ビル群が続き、地形がわかりづらくなっていますが、丸の内、大手町あたりの低地、四谷、麹町あたりの高台、駿河台などの中程度の台地が存在します。

千代田区の低地

丸の内あたりの低地は縄文海進時代、海の底であった部分で、沖積層が広がっています。一部、日本橋、銀座あたりは日本橋台地と呼ばれている部分で、江戸時代初め、江戸前島と呼ばれていた地帯がこれに当たります。江戸時代、丸の内一帯は日比谷入江と呼ばれる入江が広がっており、浅い海でした。家康が江戸に移って以降、埋め立てられて、平地となりました。

千代田区の台地

お茶の水から本郷にかけては、本郷台と呼ばれる台地上に位置します。本郷台は上野公園を経て、赤羽まで続いています。本郷台の南端を横切る形で開削されたのが神田川です。神田川以南を駿河台と呼び、現在もその呼び名が残っています。

また、四ツ谷駅、麹町、国会議事堂が位置するあたりが淀橋台と呼ばれます。

江戸時代の千代田区

上述のように、現在東京駅があるあたりは埋め立てによって江戸時代以降、都市化がすすめられたエリアです。そのため、初期の江戸の武家屋敷は駿河台や淀橋台の上に築かれていきました。太田道灌時代の居城であった江戸城が、家康の関東転封以降も本拠地としてあり続けました。

戦国時代の関東地方の中心地と言えば、北条氏の城下町であった小田原なのですが、千代田区の江戸城が本拠地となりえたのは、交通上の利点があったからと言われています。陸路では鎌倉街道、甲州街道により、府中、八王子、鎌倉、小田原と結ばれ、水路では古利根川をさかのぼり関宿、下総川を通り鹿島まで結ばれていました。このような理由から千代田区は江戸の中心となり、今日に続いています。

日比谷入江の埋め立て、神田川の開削など、現在に続く地形も江戸時代初頭に作られたものが多く残ります。

  • 神田川沿いに造られた堤防-柳原土手千代田区岩本町に和泉橋という橋があります。神田川にかかる橋な…
  • 時代を越えて受け継がれる名城-江戸城東京の中心に残る江戸城 東京の中心地、千代田区に位置する皇居…
  • 日比谷の地名の由来-海の痕跡が残る日比谷公園日比谷の地名の由来は諸説あります。漁民が海苔をとり、魚をとらえるために海の中に立てる竹の小枝を「ひび」といいます。家康の入城のころ、このあたりは入り江が入り込んでいました。「ひび」がたつ入江(谷)であったことから日比谷という地名に転じた、というものがそれです。
  • 江戸時代の年末年始-旧暦と大晦日、正月の様子現在の正月に見られるような初詣は江戸時代、あまり一般的ではありませんでした。正月は年神様を家に迎える日であったからです。門松は年神様が家に来るための目印としてあります。年神様は新しい年の命を人々に与えると考えていました。つまり、正月に一斉に年をとっていたわけです。正月は年神様をお迎えし、年をとれたことを祝う日でした。
  • 隼町の地名の由来-家康と鷹狩国立劇場があるあたりを隼町といいます。隼町の町名がつけられたのは明治に入ってのことです。江戸時代、武家地には町名はついておらず、明治に入り、旧武家地に町名がつけられます。隼町もその一つです。 町名の由来は、家康入城の頃、この辺りに鷹狩のタカを飼育、訓練する鷹匠の屋敷があったことに由来します。家康は鷹狩を非常に好んで行ったことが知られています。江戸近郊では葛西など、かなりの回数、日数を割いて鷹狩を楽しんだことが記録に残っています。
  • 麹町の地名の由来-麹と江戸の食麹町の地名の起源は古く中世にさかのぼります。府中に国府がおかれていたころ、甲府方(こふかた)氏がこの道筋に居を構えていました。国府方(こふかた)は文字通り国府への道筋、国府路(こふぢ)を意味します。この姓、また、国府への道筋「国府路(こふぢ)」が現在の町名の由来の一説とされています。
  • 有楽町の地名の由来-織田有楽斎と茶有楽町、という地名の由来には所説ありますが、説の1つとして、織田信長の弟、織田長益の号「有楽斎」にあるというものがあります。慶長年間に織田有楽斎の屋敷があり、その後寛永年間には空き地となっていたところを人々が「有楽の原、有楽原」と呼んでいたことに由来します。明治五年、有楽町という地名が誕生しました。
  • 江戸やっちゃばの変遷-神田青物市場発祥の地神田須田町交差点の近くに、神田青物市場発祥之地の石碑があります。神田川沿いの河岸からの荷揚げ品、日本橋川の鎌倉河岸の荷揚げ品などを扱う市場で、その広さ一万五千坪という規模でした。青物市場の事をやっちゃば、と言いますがセリの声がそのように聞こえたため語源となったという説があります。神田青物市場は昭和に入り秋葉原へ移転、その後大田市場へと移転し現在に至ります。
  • 江戸時代の堀にかかる橋-竜閑橋竜閑橋という交差点が、千代田区、中央区の境にあります。竜閑橋はかつてここを流れていた、竜閑川にかかる橋でした。現在、竜閑川は埋め立てられ、竜閑橋もその役目を終えましたが、交差点近くの広場に一部が保存されています。
  • 井伊直弼終焉の地-江戸城桜田門江戸城の主要な門はほとんどが「桝形門」という形式の門でした。桜田門もこの桝形門の形をとっており、現在でもその形が昔のままに残っています。桝形門は防衛上非常に有利な作りになっています。少人数の攻撃側に対して、大人数で挑むことができます。桜田門はこのような江戸城の優れた防備を今に見ることができます。このような江戸城防備の桝形門の典型といえる桜田門ですが、桜田門の名前が知られる要因となった出来事は「桜田門外の変」かと思います。老中井伊直弼が水戸浪士を中心とする勤王攘夷派に暗殺された事件です。
  • 溜池の名残-外堀溜池櫓台六本木通りと、外堀通りが交わる溜池交差点に溜池発祥の碑があり…
  • 御茶ノ水の地名の由来-作られた神田川御茶ノ水の地名の由来はまさに将軍用のお茶に用いるための湧き水があったことにあります。この湧き水は、江戸時代に人工的に作られた神田川の工事により湧き出したものと考えられます。
  • 赤坂の地名の由来-関東ローム層の赤土東京には色に関係する地名が沢山あります。今回注目したいのは赤…
  • 海を名前に残す公園-和田倉噴水公園江戸時代の遺構、和田倉噴水公園 東京駅から徒歩5分ほどのとこ…
  • 門の石垣が今に残る-一ツ橋東京メトロ東西線、竹橋駅のそばに「一ツ橋」があります。一ツ橋がかかっている日本橋川護岸に江戸時代の石垣が残されています。武州豊島郡江戸庄図にも枡形の門があることがわかります。これが一橋御門で、今見ることができる石垣はこの枡形の石垣の一部と推測できます。一ツ橋のたもとには御三卿の一つ、一橋徳川家の屋敷跡があります。
  • 江戸時代の迷子案内板-一石橋満よひ子の志るべ日本橋川に、一石橋という橋が架かっています。一石橋は当時、八…
  • 銀座を横断する運河-道三堀跡千代田区新大手町ビルヂング脇の道に案内板があります。案内板は…
  • 江戸城の門から水準点へ-赤坂見附石垣国道246号線、衆議院議長公邸そばに赤坂見附の交差点がありま…
  • 飲料水確保のためのダム湖-千鳥ヶ淵、牛ヶ淵江戸城の堀の中に、千鳥ヶ淵、牛ヶ淵があります。千鳥ヶ淵は江戸…