飲料水確保のためのダム湖-千鳥ヶ淵、牛ヶ淵

飲料水確保のためのダム湖-千鳥ヶ淵、牛ヶ淵

飲料水確保のためのダム湖-千鳥ヶ淵、牛ヶ淵

江戸城の堀の中に、千鳥ヶ淵、牛ヶ淵があります。千鳥ヶ淵は江戸城北西側に広がり、桜の名所として知られています。牛ヶ淵は九段下、千代田区役所のあたりに広がる堀です。
江戸城の堀の中で「淵」の字がつくのは、千鳥ヶ淵、牛ヶ淵だけです。

淵(ふち)とは、河川の流水が緩やかで深みのある場所。
Wikipedia

淵は河川の淀み、深みのことを指します。千鳥ヶ淵、牛ヶ淵の「淵」も河川と無関係ではありません。
1590年、家康が江戸に入城した際、まず困ったのは飲料水の不足でした。そのため家康は江戸城周辺の河川、湧水をせき止めることでこれを補おうとしました。
一つは江戸城北西部を流れ、現在の坂下門付近で日比谷入江に流れ込んでいた局沢川。この川を国立近代美術館工芸館付近でせき止めました。これによりできたのが千鳥ヶ淵です。
もう一つは、平川(現在の日本橋川)と、武蔵野台地の東端から湧き出る湧水。これを清水門のあたりでせき止めました。これによりできたのが牛ヶ淵です。
現在でも清水門へと至る道が牛ヶ淵を遮っていますが、これが当時のダムの名残です。

image