中央区の自然

中央区は戦後の昭和22年(1947年)、それまでの日本橋区、京橋区を併せ成立しました。その名の通り東京の中央区に位置し、両国橋の下流隅田川右岸の日本橋、京橋エリア、佃島、そして明治以降に埋め立てられてできた月島、晴海エリアからなります。

千代田区の一部である本郷台や淀橋台などの高台のエリアを「山手」と呼ぶのに対し、中央区が存在するエリアはすべて台地の下に位置し、「下町」と呼ばれます。

そのため中央区には低地が多いのですが、日本橋から汐留あたりが微高地になっています。もともとは本郷台地の延長であった洪積台地が縄文海進までに浸食がすすみ、海食台となります。縄文海進の際に沖積層が堆積し、日本橋台地と呼ばれる微高地が形成されました(江戸の地名の由来-江戸前島)。

江戸時代の中央区

それまではそのほとんどが低湿地であった中央区が歴史上に姿を現すのが、徳川家康の入城以降です。海に近い利点を生かし、堀留や、入り堀が築かれます。堀留町、八丁堀、湊など現在もその地名に海運を生かしたまちづくりがおこなわれていた名残が垣間見えます。

また、築地といった、埋め立てに由来する地名も残っており、埋立によって生成された中央区の歩みを見ることができます。佃煮で知られる佃島も、家康が呼び寄せた佃村の漁師を住まわせたことに由来しています。

家康によって制定された五街道の起点となった日本橋も中央区にあります。日本橋川の海運と、各街道の交差点となった日本橋は魚河岸なども置かれ大変な賑わいでした。

日本橋台地の尾根の部分を通るように作られた東海道沿いには大店と呼ばれる大きな商家が軒を連ねました。三越など、今に続くデパートの起源となった他、東海道沿いの賑わいは現在にも続き、銀座には江戸時代からの名店や有名店が並び、日本有数の繁華街となっています。

  • 江戸時代の卸売市場-日本橋魚河岸日本橋の北詰に、ひっそりと日本橋魚河岸跡の説明板があります。…
  • 江戸時代の芝居町-木挽町と江戸歌舞伎猿若勘三郎が寛永元年(1624年)、中橋(日本橋と京橋の中ほど)に歌舞伎狂言座を建てることを許されます。座の名称を猿若座から、本姓の中村をとり中村座としました。この中村座が江戸歌舞伎の起こりとなりました。
  • 坂本龍馬が学んだ道場-桶町千葉道場北辰一刀流の開祖、千葉周作は、北辰一刀流を教える道場を構えます。これが玄武館です。北辰一刀流は一躍有名になり、道場の門人は6000名を超える大道場となりました。門人の増加に伴い作られたと言われているのが龍馬が学んだ、桶町千葉道場です。千葉周作の弟、千葉貞吉が師範代を務めました。玄武館、そして桶町千葉道場で学んだ門人には坂本龍馬をはじめ、清河八郎、山南敬助、山岡鉄舟などがいます。玄武館、桶町千葉道場が明治維新の原動力の一端を担いました。
  • 築地地名の由来-振袖火事と築地本願寺築地の土地は江戸時代の埋め立てによりできた土地です。地名の由来は「地を築く」、まさに埋め立てそのものを表しています。明暦の大火で焼失した本願寺再建の土地として、八丁堀の海上の土地が与えられます。佃島の信徒を中心に1万2700坪を造成し、そのまま拝領することとなります。築地の地名はまさにこの工事、埋め立てそのものを表します。
  • 小網町の町名板小網町の地名の由来-江戸の漁と小網町中央区に日本橋小網町(こあみちょう)という地名があります。町名の由来としてはっきりしたことは分かっていません。当地にあった、小網稲荷からその名を取ったという説もあります。ただ、江戸時代初期には入江が、それ以降も魚河岸が存在していたこともあり、江戸の漁業と関連した町名である可能性が高いと考えられます。
  • アシの原に作られた歓楽街-元吉原上記にあげたのは人形町付近の標高図です。 (国土地理院 レー…
  • 銚子と江戸を結ぶ物流拠点-箱崎川行徳河岸江戸時代の川の痕跡を残す首都高 中央区箱崎町に東京シティエア…
  • 馬喰横山駅の駅名由来表示版馬喰町の地名の由来-日本馬と博労馬喰町の地名は天正年間、幕府の馬労頭高木源兵衛、富田半七が居住し、この地にあった馬場を管理していたことに由来します。博労は、馬や牛の仲介人のことです。初めは博労町と記されていましたが、正保年間に現在の馬喰町と改められます。
  • 江戸時代の水路の跡-八丁堀歌川広重の江戸名所百景、78景に鉄砲洲稲荷橋湊神社があります…
  • 日本橋の名水-白木屋の井戸徳川家康が入城した当時の関東は入江が入り込み、湿地帯が広がる…
  • 江戸時代の輪郭-首都高速2020年夏、1964年東京オリンピック以来、56年ぶり2回…
  • 江戸の地名の由来-江戸前島デジタル標高地形図を見ると、今の日本橋から銀座、新橋あたりまで、周囲より標高が高いことがわかります。このあたりは江戸時代、江戸前島と呼ばれる半島でした。江戸前島の周辺、標高地形図で水色になっているあたりは海でした。江戸前島の西側、現在の日比谷公園あたりが当時の日比谷入江です。「江戸」という地名の由来も、この江戸前島、日比谷入江からきているという説があります。入江の戸、つまり海が陸地にいり込んだ場所である「江」に面した場所であるというのがこの説の江戸の由来です。
  • 砂州に造られた漁師町-佃島中央区に佃という地名があります。昔ながらの古い町並みや、船だ…
  • 江戸時代の船着場-日本橋堀留町東京メトロ人形町駅そばに、堀留町という交差点があります。堀留…
  • 金座と日本銀行-江戸時代の貨幣制度金座跡に建つ日本銀行 日本橋本石町に日本銀行本店があります。…
  • 八重洲の地名由来-耶揚子と東京駅江戸時代、馬場先門、現在の二重橋前駅付近に「やよすがし」がありました。このやよすがしが現在の八重洲の由来です。やよすがしの「やよす」は、1600年、豊後(現在の大分県)に漂着したヤン・ヨーステンに由来します。ヤン・ヨーステンはウィリアム・アダムスとともにデ・リーフデ号で豊後に漂着しました。その後家康により2人は外交顧問として召し抱えられます。外交顧問となったヤン・ヨーステンの屋敷は日比谷入江を埋め立てたあたり、和田倉門外のあたりにあったと言われています。つまり、やよすがしはヤン・ヨーステン、耶揚子河岸を意味しています。
  • 時の鐘と伝馬町牢屋敷-十思公園十思公園に保存されている時の鐘は江戸時代で最初に設置されたといわれる、本石町(室町4丁目、本町4丁目)に設置の鐘楼に取り付けられていたものです。この場所は江戸最古の市街地図として知られる、寛永9年(1632年)、「武州豊嶋郡江戸庄図」に「ろうや」と記されており、古くから牢屋敷として利用されていました。