江戸時代の卸売市場-日本橋魚河岸

江戸時代の卸売市場-日本橋魚河岸

江戸時代の卸売市場-日本橋魚河岸

日本橋の北詰に、ひっそりと日本橋魚河岸跡の説明板があります。
日本橋魚河岸の起こりは、摂津(関西)、佃村の漁師たちが江戸に移り住んだことにあります。この家康懇意の佃村の漁師たちは幕府から隅田川にある洲を拝領します。これが現在の佃島です。佃島を漁業基地として白魚漁を営み幕府に献上をしていました。この献上の残りの魚を販売したのが魚河岸の起こりです。
このころの魚河岸は日本橋から江戸川橋のあたりまででしたが、漁業の発展ともに魚河岸も広がりを見せます。
そんな発展を見せた日本橋魚河岸も、関東大震災を機に築地へ移転します。そして1935年、東京市中央卸売市場として開設され現在に至ります。
そして今、卸売市場はさらに沿岸、豊洲新市場への移転が予定されています。時代の流れとともに、町も少しずつ姿を変え続けていきます。