日本橋の名水-白木屋の井戸

日本橋の名水-白木屋の井戸

徳川家康が入城した当時の関東は入江が入り込み、湿地帯が広がる漁村でした。

埋め立てにより土地を広げましたが、そのような土地では当然飲料水に苦労します。井戸を掘っても、飲料には適さない、海水混じりの水しかでません。

しかし、幾つか例外もあり、名水と言われるほどの良水が取れる井戸も幾つかあったようです。

東海道、日本橋のそば、COREDO日本橋の裏手に「名水白木屋の井戸」の碑が移築再現されています。この井戸、白木屋(現東急百貨店の全身)創業家二代目の大村彦太郎安全が私財を投じて掘ったものと伝えられています。付近の住民、諸大名の用水として長く使われました。