蔵前の地名の由来-御米蔵と札差

蔵前の地名の由来-御米蔵と札差

蔵前の地名の由来-御米蔵と札差

蔵前の地名の由来

台東区に蔵前という地名があります。江戸時代の幕府の御米蔵がその地名の由来となっており、蔵前にあった御米蔵は1620年、和田倉あたりにあった御米蔵を移転して作られたものです(江戸発展を見る二つの倉-和田倉、蔵前)。

幕府の御米蔵は当初、上記の和田倉や北の丸、鉄砲洲、竹橋などにありましたが、都市の発展とともに、一部を残して蔵前、本所など、郊外に移転されました。

蔵前の御米蔵の面積は3万6650坪(約99ヘクタール)。一番堀から八番堀まで8つの堀が並び、埠頭の役目をはたしていました。堀に沿って54棟もの倉が立ち並び、常時4,50万石がつめれていました(北原進著 江戸の高利貸)。1石が1000合に当たるため、大体4,50万人の年間の米が備蓄されていたことになります。

蔵米知行と御米蔵

蔵前の御米蔵に備蓄された米には、武士の給料(知行)として支給されるものがありました。このように御米蔵の米(蔵米)によって支給される知行(給料)を蔵米知行と言います。領地をもたない、御家人などの下級武士はこの蔵米知行である割合が高かったようです。

知行は原則、米として支給されますが、実際には一部を幕府が定めた換金率で現金化して支給されることがありました。現金として渡す割合や、換金率は支給日前に江戸城内に張り出されます。この米相場のことを張紙値段、御張紙と言いました(北原進著 江戸の高利貸)。

切米手形、札差の登場

現金として受け取った残りは米として支給されます。支給を受ける武士は事前に、それぞれ自分の氏名や、受け取る米の量を書かれた切米手形と呼ばれるものを受け取っています。支給日当日、この切米手形を御米蔵の入り口にあるわら束の棒(藁苞わらづと)に差し、順番を待ち、米を受け取る必要がありました。受け取った米のうち、必要な量だけを残して、残りを換金します。そのため蔵前は支給を待つ武士や、仲介人、また、米を運搬する人々で大変な賑わいを見せました。

本来武士が行う、切米手形を藁苞にさす(差し札)、米を受け取る、換金のプロセスを代行して引き受けたのが札差と呼ばれる職業人たちでした。札差は支給日前に得意の武家屋敷をまわり、切米手形を預かります。そして支給日当日、御米蔵から代行で米を受け取り、換金した内から自身の手数料を差し引き、武家屋敷に現金を届けました。

札差の仕事は換金の代行のみにとどまりませんでした。武士から受け取った切米手形を担保に、金を貸す貸金業を始めます。札差は貸金の利息金、手数料を収益として、力をつけていきました。

札差が見せる粋、蔵前風

明和、天明期(1764-89年)には、札差はますます富を集め全盛期を迎えます(洋泉社 図解大江戸八百八町)。こうした財力を背景に一見非生産的とも思われることに湯水のようにお金をつかう様が粋、通としてもてはやされました。特に大通人を「十八大通」とよび通人の代表としてもてはやされたそうです。十八大通のほとんどが蔵前の札差。札差が粋な通人として注目されていたことが分かります。

冒頭にあげた画像は十八大通の代表と言われる大口屋治兵衛暁翁です。今助六と呼ばれ、いわば舞台役者のパトロンとして多額な金をつぎ込みました。治兵衛をはじめ、札差、大通たちはひいきの舞台役者の服装を取り入れ、また、役者もひいきの大通のため、彼らの衣装を取り入れます。札差、大通はこうしたやり取りの中で、独自の文化、価値観が発展し、粋な「蔵前風」と言われる風俗を生み出していきます。

(画像元 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f9/Danj%C5%ABr%C5%8D_Ichikawa_IX_as_%C5%8Cguchi-ya_Gy%C5%8D-u_in_Ky%C5%8Dkaku_Harusame_Gasa.jpg)