江戸初期の名残を今に-神田上水跡

江戸初期の名残を今に-神田上水跡

江戸初期の名残を今に-神田上水跡

文京区に、「水道」という町名が存在します。地名の由来はまさに江戸時代の水道、神田上水にあります。

神田上水は江戸初期、家康からの命を受け、家臣大久保忠行により作られました。平川上流(現在の神田川)、妙正寺川、善福寺川、江古田川が合流する地点(落ち合う地点、落合の地名の由来)から2キロ下流に堰を作り(関口の地名の由来)、上水へ水を引き込みます。神田上水はその後、小日向台地南端を経て、後楽園に流れ込みます。後楽園から掛樋(水道橋)を渡り、江戸城下の町々に至ります。

神田上水の完成により駿河台、小川町、大手町に生活用水が給水されました。この功により、大久保忠行は「主水」の名を拝命します。主水は通常、「もんど」と読むのですが、水が濁らぬよう、「もんと」と読ませたそうです。

神田上水の余水は呉服橋付近で外堀に排水されます。その余水を舟に汲み、江東エリアで販売する水売りもおり、神田上水は江東エリアの生活用水にもなっていたようです。

神田上水は1901年、水道としての役目を終え、暗渠となります。しかし、現在でもその流路を道路の形に見ることができます。

image

上図は神田上水の上に作られた道に線を引いたものです。後楽園側、牛天神下交差点から金富小学校に入る片側一車線の道路です。上水跡を上流にさかのぼると、江戸川公園に入り、堰跡(関口)へと至ります。

実際に歩いてみると、神田上水の跡の道は直線ではなく、台地に沿って曲線が多いことがわかります。また、道路沿いには寺が多くあります。

image

文京区総合福祉センター前には、建設時に発掘された水路の石垣を見ることができます。

image

水道端、水道など、神田上水に関連する地名が続きます。

image

そして、神田上水の堰、関口にある江戸川公園には、堰口跡を示す案内板と、堰口を再現した水路があります。

image

神田上水の名残は今の東京にしっかりと残っています。