赤坂の地名の由来-関東ローム層の赤土

赤坂の地名の由来-関東ローム層の赤土

赤坂の地名の由来-関東ローム層の赤土

東京には色に関係する地名が沢山あります。今回注目したいのは赤。赤羽橋、赤羽、赤堤、赤坂などがあります。これらは関東を覆う、関東ローム層に関係があります。
旧石器時代、関東地方には、富士山、箱根山、浅間山などの噴火によって大量の火山灰が堆積しました。火山灰は鉄分を多く含有するため酸化し、赤褐色になります。そのため赤土、とよばれます。赤土は広く関東ローム層として関東平野に堆積します。そのことが「赤」のつく地名と深く関わっています。
まず、北区の赤羽。赤土を意味する赤埴が語源です。江戸時代には赤羽根と呼ばれるようになります。港区の赤羽橋は赤土を材料に土器を制作する職人が多く住んでいた為、赤埴と呼ばれたことが由来です。町名としての赤羽は残っていませんが、地下鉄の赤羽橋駅などにその名を残します。
赤堤はまさに赤色の堤からきています。羽田の地名も「赤」の字はありませんが、元々は赤土の田を意味する「埴田」からきています。
そして、冒頭の写真であげたのは赤坂にある清水谷公園の傾斜地です。赤坂の地名の由来は諸説ありますが、ニューオータニと赤坂プリンス跡地の間を流れる川によって作られた谷「清水谷」などがあり、古くから坂の多い場所だったようです。赤坂の地も関東ローム層の赤土の坂に関係することは間違いなさそうです。