現在に残る軍事遺跡-第三台場

現在に残る軍事遺跡-第三台場

東京の観光名所として知られるお台場。
高層マンションや商業施設が立ち並び、休日ともなると多くの人で賑わいます。
このお台場の地名は大砲台(台場)からきていることは有名です。

嘉永6年(1853年)、ペリー率いるアメリカの軍艦4隻が浦賀沖に来航し、開国を求めます。
鎖国状態にあった日本は外国の艦隊に危機感を覚えます。
以下の有名な狂歌からも幕府の同様ぶりが伺えます。

泰平の
眠りを覚ます
上喜撰
たった四杯で
夜も眠れず

上喜撰は宇治で作られる高級なお茶。4隻の蒸気船で狼狽する幕府のさまを皮肉っています。
長崎防衛を模範として江戸湾防備の為にきずかれたのが台場です。
当初の計画で11基、途中1基追加され工事が進められましたが、実際に完成したのは6基の台場です。

その中でも台場として現存しているのが2基あります。
第三台場と第六台場です。
第三台場は公園として公開しながら当時の様子を維持する「相対保存」という手法で現在に残されています。
当時の石垣や、弾薬庫など間近で見ることができます。
一方の第六台場は「絶対保存」という手法で現在に残されています。
こちらは一切の手を加えず、当時そのままの状態で保存されている為、一般の人が立ち入ることはできません。また、樹木などの手入れもされずそのままの状態ですので遺構が荒れていることが懸念されます。