砂州の先端に祀られた-利田神社

砂州の先端に祀られた-利田神社

砂州の先端に祀られた-利田神社

品川区、旧東海道を天王洲方面に少し下ったあたりに利田神社があります。この神社は、歌川広景の江戸名所道外尽にも描かれています。タイトルは「洲崎の汐干」。神社も昔は洲崎弁天と呼ばれており、品川沖の海岸、しかも洲にあったことがわかります。
利田神社は目黒川によってできた砂州の先端にありました。現在の目黒川はまっすぐ東京湾に流れ込みますが、江戸時代は、東海道を過ぎたあたりで北に流れを変え、砂州を作り海に流れ込んでいました。周辺の道路の形を見ると、当時の目黒川の流路がわかります。
太田道灌の時代は品川湊とよばれ、この砂州を中心に湊として栄えました。やがて太田道灌は江戸に移ります。

image
その後洲崎弁天周辺は埋め立て、開墾が進められ、開墾に携わった利田氏にちなんで利田新地と呼ばれるようになりました。同時に洲崎弁天も利田神社と名を変えます。
江戸名所図絵には本社と並び、鯨塚が描かれています。1798年、品川沖の浅瀬に打ち上げられた鯨を漁師たちが捕らえました。初めて見る鯨に江戸の人々は大騒ぎ。瓦版にも取り上げられ、江戸市中から見物客が詰めかけたそうです。その鯨の死骸を洲崎弁天に葬り、鯨塚を築きました。
利田神社と名を変え、本社の位置も江戸名所図絵とは変わっているように見えますが、境内には今も鯨塚が残ります。

image