両国の相撲起源の地-回向院

両国の相撲起源の地-回向院

江戸は火事が多い街でした。
人口の増加による家屋の密集、冬場にふくからっ風が要因に挙げられます。
振袖火事と呼ばれる、明暦の大火は有名です。
内閣府 中央防災会議の、「災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 1657 明暦江戸大火 」によるとこの火災での死者は6万8000余人。焼失区域は現在の千代田区と中央区のほぼ全域、文京区の約60%、台東区、新宿区、港区、江東区のうち千代田区に隣接した地域一体と、非常に大きな被害状況であったことがわかります。被害者のほとんどは身元や、身寄りがわからない方々だったといいます。
このような被害者の弔いのために建てられたのが両国、回向院です。
回向院のウェブページには以下のように案内されています。

当時の将軍家綱は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸、当院の現在地に土地を与え、「万人塚」という墳墓を設け、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行いました。このとき、お念仏を行じる御堂が建てられたのが回向院の歴史の始まりです。
http://ekoin.or.jp/history/

回向院は勧進相撲の定場所がはじめて行われた場所としても有名です。
勧進相撲とは寺社建立の資金となる浄財を集めるために行われた相撲のことです。江戸時代初期にはそのような形での興行しか許可されていませんでした。
初めの頃は興行場所も定まっておらず、各所の寺社で開催されていましたが、江戸後期には回向院で行うことが定例となりました。
この回向院の定場所が今に続く、両国国技館の前身です。
土俵があった場所は、今はビルの敷地内ですが、このような形で「土俵」が残されています。

image